対馬藩の研究 - 泉澄一

対馬藩の研究

Add: ebesovyv89 - Date: 2020-12-07 17:40:28 - Views: 2540 - Clicks: 4868

11 關西大學東西學術研究所研究叢刊 10. 対馬藩の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 泉澄一著 言語: 日本語 出版情報: 吹田 : 関西大学出版部,. 10: 芳洲外交関係資料集: 雨森芳洲 原著 ; 泉澄一 編: 関西大学出版. 泉澄一 著 泉澄一 1990 対馬藩・宗家文書の研究: 研究代表者泉澄一: 泉澄一: 1989. 本研究は対馬藩の藩政史料である「宗家文書」のうち国元の表書札方、奥書札方、組頭方の各毎日記を根本史料とし藩儒であった雨森芳洲の対馬藩への出仕から対馬府中で死没(88歳)するまでの行状を実証的に跡づけることを目的とした。本研究は最終的には『対馬藩藩儒・雨森芳洲の. すなわち、対馬藩は丁卯胡乱の勃発を知るや、朝鮮に使節を派遣して武器輸送と援兵派遣を申し入れ(同年2月)、朝鮮から後金軍「平定」の報を受ける(同年3月)と、それを祝賀する使節を朝鮮に派遣するとともに、藩主の宗義成が自ら江戸に参府して.

泉澄一(関西大学教授) 田代和生(慶應義塾大学助教授) 地元調査員: 津江篤郎(長崎県立対馬歴史民俗資料館研究員) 永留久恵(対馬の自然と文化を守る会会長) 阿比留嘉博(長崎県文化財保護指導員) 小松勝助(上対馬町立一重中学校教諭). さっそく、泉澄一著『対馬藩藩儒 雨森芳洲の基礎的研究』 (関西大学東西学術研究所研究叢刊十、関西大学出版部) の中に記された、以下のことを書き写してメールで送った。. 泉 澄一(いずみ ちょういち、1932年10月12日 - 年 3月19日 )は、日本の歴史学者。専門は日本中近世史。関西大学 名誉教授。大阪学芸大学卒業。関西大学大学院文学研究科修士課程修了。. 対馬藩藩儒雨森芳洲の基礎的研究 Format: Book Responsibility: 泉澄一著 Language: Japanese Published: 吹田 : 関西大学出版部, 1997. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):関西大学,文学部,教授, 研究分野:日本史, キーワード:宗家文書,対馬藩,雨森芳洲,木下順庵,毎日記,唐音稽古,対馬藩文書,藩政組織,役方と番方,松浦賛治, 研究課題数:2, 研究成果数:0. 9 形態: viii, 525, 62p ; 22cm 著者名: 泉, 澄一(1932-) 書誌ID: BAISBN:.

3: 宗氏実録: 雨森芳洲 編 ; 泉澄一 編・注: 清文堂: 1988. 対馬藩藩儒雨森芳洲の基礎的研究 (関西大学東西学術研究所研究叢刊 (10)) 泉 澄一 | 1997/11/1 単行本. 9 Description: ix, 482, 5, 32p, 図版 2 p : 挿図, 地図 ; 対馬藩の研究 - 泉澄一 22cm Authors: 泉, 澄一(1932-) Series:.

本稿は本研究所における研究課題「対馬藩宗家文書による日朝関係の研究」に関する研究成果であると同時に平成六年度文部省科学研究費補助金一般研究(c)「『宗家文書』による対馬藩藩儒・雨森芳洲の研究」に関する. Bib: BAISBN:. 対馬藩の研究 泉 澄一 著.

9 形態: ix, 482, 5, 32p, 図版 2 p ; 22cm 注記: 対州窯関係略年表: p472-478 「あとがき」後に付図(1-5)あり 著者名: 泉, 澄一(1932-) シリーズ名:. 近世対馬陶窯史の研究 / 泉澄一著 Format: Book Reading of Title: キンセイ ツシマ トウヨウシ ノ ケンキュウ Language: Japanese Published: 吹田 : 関西大学出版部, 1991. 李炳銑『任那国と対馬』東洋書院1992年。御本、柳川、研究に行ないつつありました・;『近世対馬陶窯史研究』。 第76集~第100集|刊行。「康正三年記」。 小代焼 10対馬藩藩儒雨森芳訓基礎的研究泉澄一著1997。.

9 形態: ix, 482, 5, 32p, 図版 2 p ; 22cm 著者名: 泉, 澄一(1932-) シリーズ名: 關西大學東西學術研究所研究叢刊 ; 8 書誌ID: BN07016478. 9 形態: ix, 482, 5, 32p, 図版 2 p : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名: 泉, 澄一(1932-) シリーズ名:. 柳川一件の審理とその後の対馬藩及び.

対馬藩藩儒 雨森芳洲の基礎的研究【関西大学東西学術研究所研究叢刊10】 (泉澄一) ¥4,400 フェリックス・ベアト写真集1 幕末日本の風景と人びと 新装版 (横浜開港資料館編) ¥2,200. Amazonで泉 澄一の対馬藩の研究。アマゾンならポイント還元本が多数。泉 澄一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも. com : 397765 科研費研究者番号 :所属 1994年度 (平成6年度) 関西大学 ・文学部・教授 ※日本の研究. 研究代表者:泉 澄一, 研究期間 (年度):1987 – 1988, 研究種目:一般研究(b), 研究分野:日本史 KAKEN — 研究課題をさがす | 対馬藩・宗家文書の研究 (KAKENHI-PROJECT. 2 編著2 脚注主要著作単著『堺と博多―戦国の豪商』(創元社、1976年)『堺―中世自由都市』(教育社、.

泉 澄一(いずみ ちょういち、1932年10月12日 - 年 3月19日)は、日本の歴史学者。専門は日本中近世史。関西大学 名誉教授。大阪学芸大学卒業。関西大学大学院文学研究科修士課程修了。 主要著作 単著 『堺と博多―戦国の豪商』(創元社、1976年). Amazonで泉 澄一の対馬藩の研究。アマゾンならポイント還元本が多数。泉 澄一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも. 泉澄一 泉澄一の概要 Jump to navigationJump to search目次1 主要著作1. 芳洲の研究に関わって20年、対馬藩の記録に通暁した筆者が藩政組織を復元してその中に芳洲を位置づけ藩儒としての日々を克明に跡づけた最初の本格的な論考である。 第一章 雨森芳洲研究の回顧と展望 第二章 芳洲の対馬藩出仕. 9 形態: ix, 482, 32p, 図版1枚 ; 22cm 著者名: 泉, 澄一(1932-) シリーズ名: 關西大學東西學術研究所研究叢刊 ; 8 書誌ID: BN07016478. 雨森芳洲全書三 書翰』(1982)及 び、現在韓国国史編纂委員会に所蔵されている. 対馬藩藩儒雨森芳洲の基礎的研究 - 泉澄一 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):関西大学,文学部,教授, 研究分野:日本史, キーワード:対馬藩,宗家,宗家文書,日野大納言家,相国寺慈照院,〓叔顕〓和尚,近世日朝外交,以酊庵,豆酘多久頭魂神社,豆酸多久頭魂神社, 研究課題数:1, 研究成果数:0 11: 釜山窯の史的研究: 泉澄一 著: 関西大学出版部: 1986.

対馬藩藩儒雨森芳洲の基礎的研究: 著作者等: 泉 澄一: 書名ヨミ: ツシマハン ハンジュ アメノモリ ホウシュウ ノ キソテキ ケンキュウ: 書名別名: Tsushimahan hanju amenomori hoshu no kisoteki kenkyu: シリーズ名: 関西大学東西学術研究所研究叢刊 10: 出版元: 関西大学東西. 対馬藩の研究 - 泉澄一 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 9 形態: viii, 525, 62p ; 22cm 著者名: 泉, 澄一(1932-) 書誌ID: BA59515956. 近世対馬陶窯史の研究 / 泉澄一著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: キンセイ ツシマ トウヨウシ ノ ケンキュウ 言語: 日本語 出版情報: 吹田 : 関西大学出版部, 1991. 国立国会図書館の検索・申込システムです。 登録idでログインすると、複写サービス等を利用できます。 (登録について.

近世対馬陶窯史の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 泉澄一著 言語: 日本語 出版情報: 吹田 : 関西大学出版部, 1991. 11 Description: xi, 589, 40p, 図版1枚 ; 22cm Authors: 泉, 澄一(1932-) Series: 關西大學東西學術研究所研究叢刊 ; 10 Catalog. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):関西大学,文学部,教授, 研究分野:日本史, キーワード:対馬藩,宗家,宗家文書,日野大納言家,相国寺慈照院,〓叔顕〓和尚,近世日朝外交,以酊庵,豆酘多久頭魂神社,豆酸多久頭魂神社, 研究課題数:1, 研究成果数:0. 享保6〜14年(1721〜29)対馬藩の御用人勤仕前後の雨森芳洲とその周辺 泉 澄一. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 対馬藩の用語解説 - 府中藩ともいう。江戸時代,対馬国 (長崎県) を領有した藩。のち厳原 (いづはら) 藩。藩主は代々宗 (そう) 氏。宗氏は鎌倉,室町時代以来の豪族で,天正年間 (1573~92) の義智が藩祖。義智は,豊臣秀吉の文禄・慶長の役の先頭を承っ. 泉 澄一(いずみ ちょういち)は、日本の歴史学者。専門は日本中近世史。関西大学 名誉教授。大阪学芸大学卒業。関西大学大学院文学研究科修士課程修了。 主要著作 単著 『堺と博多―戦国の豪商』(創元社、1976年) 『堺―中世自由都市』(教育社、1981. 立された。これは当時、対馬藩と朝鮮政府の間で通訳員として活躍していた「通詞」の確 保が急務となったからである。 この章では、泉澄一が編集した『芳洲外交関係資料集. 関西大学出版部 1997.

刊行年月 : 年9月 : 対馬の研究にかかわって30年。.

対馬藩の研究 - 泉澄一

email: kirahome@gmail.com - phone:(538) 546-6537 x 9738

鎌倉ものがたり 鎌倉で魔物カップ開催!? - 西岸良平 - 環境マネジメントシステム構築の

-> 年代・ライフスタイル別生命保険の賢い見直し方 - 馬場進
-> 学級担任ノート 学級づくりの基礎作業 - 家本芳郎

対馬藩の研究 - 泉澄一 - エンパワーメント 小関隆志 金融による


Sitemap 1

羽島市 2002 - サイレントマジョリティー オンデマンド楽譜